情報の価値ということでも、それを売買する隠れた市場もあるということの話題が時々伝わってきます。

マンションのセキュリティシステム
Navigation

セキュリティのシステムの必要性と情報の価値

セキュリティ対策のシステムの導入の必要性は、価値のある情報を多く持っている所有者であればあるほど重要になりますが、その情報の価値ということでも、それを売買する隠れた市場もあるということの話題が時々伝わってきます。ある情報では、例えばクレジットカードの1枚が日本円で500円ぐらいで売買されているとかという話もありました。当然何千枚とか何万枚分の情報がやり取りされますので、相当な金額になるということでした。

それらは1例ですが、日本でも何万人分とかの情報が流出しているという話もありましたが、ビジネスをしているとそれらの名簿や情報が非常に価値のある財産になります。それらの情報にセールスをすると売り上げも伸びるからです。特定の商品に興味があれば、同じような商品を購入する傾向があるからで、それらの情報は買ってでも得たいとなります。

実際名簿を売買しているビジネスも成り立っているということで、そのような業者もあります。そうなるとそのような情報を狙われる可能性も高いということになりますので、それを守るシステムが必要になります。信用問題にもなりますので、セキュリティ対策のシステムの導入ということは必要不可欠の作業ということになります。情報は売買できるということも考えるべきです。

Copyright (C)2017マンションのセキュリティシステム.All rights reserved.